2012年7月7日土曜日

gut feeling 何を信じるべきか?



 gutは「はらわた」だから、gut feelingは「はらわたの感じ」。gut reactionともいう。日本語でいう「ぴんと来る」。学問的にいうとinstinct(本能)intuition(直観)。an immediate or basic feeling or reaction without a logical rationale(論理的な合理性なしに、即座の直感あるいは反応)。
 たとえば、私はいつも自分の直感を信じる、というのはI always trust my gut feeling.また、直感に従う、というのはfollow one’s gut feeling、また、単にgutでよい。
 Appleの創業者であったSteve Jobsはこう言っている。
 Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something - your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.(もう一度言う。あなたは未来を見るのに点を結びつけて考えることはできない。過去を振り返る場合にだけ、点を結びつけて納得することができる。そこで、あなたは自身の将来において点が結びついていると、ただ信じなければならないのだ。つまり、あなたは何かを信じなければならない-あなたの直感、運命、人生、カルマ=業、などなど。こう考えることは、私を意気消沈させなかった。むしろ、私の人生を全く違ったものにしたのだ)
  逆境から立ち上がり、米国のテレビのトップのトークショウのホストとなったOprah Winfreyはいう。
 "Follow your instincts. That's where true wisdom manifests itself."(本能に従うこと。そこには、本当の智慧が顕在化する)。
 Albert Einsteinはこういう。 “The only real valuable thing is intuition.”(本当に値打ちのあるのは、直感だけだ)
 最後に松下幸之助の言葉。
 “No matter how deep a study you make. What you really have to rely on is your own intuition and when it comes down to it, you really don't know what's going to happen until you do it.”(あなたがどれほど深く勉強したとしても、本当に信頼しなければならないのは自分自身の直感である。そして、直感ということになると、あなたはそれを実行するまで、何が起こるか知ることはできない)