2012年7月22日日曜日

The impact of a photo



 The impact of a photoは「一枚の写真の衝撃」。Photo speaks a thousand words(写真は千の言葉を語る)と言った人がいる。「百聞は一見に如かず」(Seeing is believing)に通じるもので、写真のもつ影響力について語っている。が、ここでは、internetでの写真のもたらす影響である。
 Tecca(7月20日付)は、あるレストラン・チェーンの従業員が撮影したa disgusting photo(胸くそが悪くなる写真)が、ネットに掲載され、その後追跡が行われて、従業員が解雇されるまでの経緯を述べている。
 The amazing part is what happened immediately after the photo was posted to the website 4chan at 11:38 PM.(驚くべきは、午後11時38分に4チャンネルに写真がポストされた直後に起こったことだ)
 By 11:47, one fellow website poster was able to determine the city the restaurant was located in using Exif GPS data attached to the picture(11時47分までに、あるウエッブ投稿者が、写真に付いていたGPSデータの標識を用いてレストランのアル町の位置を特定できた)
; by 11:50, the exact restaurant location was determined. (11時50分にはレストランの正確な位置が特定された)
At 11:58, a link to the restaurant chain comment form was posted. (11時58分にレストランチェーンのコメントへのリンクが貼られた)
The manager of the restaurant in question was reached directly by phone shortly after, who quickly identified the party responsible.(問題のレストランの支配人に、そのすぐ後でそのいたずらをしたグループを特定した人から直接電話が入った)
The original poster of the picture was fired.(写真を投稿した首謀者は解雇された)
 この間、わずか20分。
 The impact of the photo would have been devastating to the restaurant chain, if it were freely circulated on the internet. But the smart and fast nabbing of misbehaver will be shocking to all internet users.(問題の写真がインターネット上に自由に出回れば、レストランチェーンにとっては写真の衝撃は破壊的だったろう。だが、いたずら者をこんなに賢く素早く捉まえたことは、すべてのインターネットユーザーに衝撃的であろう)