2012年6月25日月曜日

skinny は知っていても、skinny-fat は・・・



skin(皮膚)+yで、skinny(皮膚のような)という意味で、「皮だけの」「やせこけている」。転じて「発育不良」などと訳される。She’s got long skinny legs.(彼女の脚はやせて長い)といった場合、栄養失調のような病的なやせ方を指し、およそよい意味合いではない。
ところが、最近、skinnyがadvertisingに登場、ファッション・トレンドとして積極的な意味合いで使われている。
たとえば、skinny jeansは脚にぴったりフィットしたslim-fit pantsをいう。Skinny jeans taper completely at the bottom of the leg.(スキンのようなジーンズは脚の底まで細身になっている)というわけ。セクシーな印象を与える。
また、skinny shampooなどという製品も売り出されている。おそらく、髪を洗った後の仕上がりに関して、髪の1本、1本に薄いスキンの膜で包むようなイメージを売ろうというわけだろう。
ところが、2011年2月にペプシがファッションウィークを記念して、Diet Pepsi 'skinny' can を売り出したところ、とんだ反発に遭遇した。
"Our slim, attractive new can is the perfect complement to today's most stylish looks,"(細身で魅力的な新しいカンは今日の最もスタイリッシュな外見にぴったりのアクセサリー)と銘打ったが、米摂食障害者協会(National Eating Disorders Association)の Lynn Grefe 氏は、 "Pepsi should be ashamed for declaring that skinny is to be celebrated."(ペプシはスキニーを祝うべきことと宣言していることを恥じるべきだ)と横やりを入れた。確かに摂食障害で骨と皮になっている患者からすれば、skinnyは呪うべきことであろう。
さて、同じskinnyでもskinny-fatはさらに困りものだという。
Urban Dictionaryによると、When someone is thin and looks great in clothes, but is all flabby underneath.(ある人がやせて、服を着ているときにはスマートにみえるが、その下は脂肪がたまっている)というのがskinny-fat。つまり、「痩せのデブ」というわけ。
なぜこんなことが起こるのか?When you diet, of course you will lose weight.(ダイエットすると、もちろん体重は減る)But when you diet and don't pair your new eating habits with an adequate exercise regiment, your body will become this, skinny fat, so to speak.(だが、ダイエットと、新しい食生活に見合った運動がともなわないと、いわゆる痩せの脂肪太りになる)。
つまり、運動によって筋肉質の体になってこそ、ダイエットの成果ありで、デブが顔や手足だけ痩せただけというのが、skinny-fat!