2011年10月9日日曜日

brick-and-mortar


Illustrated by Kazuhiro Kawakita

brickは「レンガ」でmortarは「モルタル」「セメント」。つまり、brick-and-mortarは「レンガとモルタルで出来た」という意味の形容詞。アメリカン・ヘリテージ辞典は、“located or serving consumers in a physical facility as distinct from providing remote, especially online, services”(実際の施設で営業、もしくは消費者を相手にすることで、とくにオンラインなど遠隔でのサービス提供と区別する)と定義している。カタカナ読みは「ブリック・アン・モーター」。
たとえば、brick-and-mortar bookstoreは、インターネットの書籍販売と区別して、〝レンガとモルタル〟の実在の書店を指すが、これが今、大きな曲がり角に差し掛かっている。ウォールストリート・ジャーナル(2010年8月4日付)は、米国最大の書店チェーン、バーンズ・アンド・ノーブルが身売りを検討していると報じた。同社は全米で720の大規模店舗を展開し、年間約3億冊の書籍を販売するが、このところ景気低迷の影響で本が売れず、株価が下落しているためだという。
その背景には、“E-Books Rewrite Bookselling”(電子書籍が書籍販売を書き換える=同紙5月21日付)という経営環境の激変が指摘される。記事の中で、“Nowhere is the e-book tidal wave hitting harder than at brick-and-mortar book retailers.”(電子書籍の津波はどこよりも既存の書店を直撃しつつある)という。e-book、つまりelectronic bookは、コンピュータ端末を使って読む本で、今はまだ出始めたばかりだが、将来紙の本に取って代わる可能性を秘めている。e-bookは音楽のMP3ファイルと同様にネットで販売されるので、“It’s sad to say but the bookstore will be a relic like the music store.”(言うのも寂しいことだが、書店はレコード店と同様に過去の遺物になるだろう)との見方がある。
ところで、この書店が直面している問題は、ネットによるe-commerce(電子商取引)の時代に、brick-and-mortar business(店舗を抱える従来型のビジネス)が多かれ少なかれ直面している問題である。“E-commerce is the kiss of death for traditional brick-and mortar business.”(電子商取引は伝統的な従来型ビジネスへの死の口づけ)となるか、あるいは“E-commerce creates new business opportunities.”(電子商取引は新たなビジネスチャンスを生み出す)となるかは、経営者の考えひとつであろう。
さて、bricks and mortar(brickの複数形に注意)は、建築材料として、basic(基礎)とかessential(根本的な)を意味する慣用表現である。だが、アイルランドのことわざに“Bricks and mortar make a house, but the laughter of children makes a home.”(レンガとモルタルは家をつくるが、子供たちの笑い声は家庭をつくる)という。大切なのは、ハコモノよりもその中身です。The Sankei Shimbun  (August 23 2010)

Not Barnes & Noble but Borders

On February 16, 2011, Borders applied for Chapter 11 bankruptcy protection and began liquidating 226 of its stores in the United States. Despite an offer from the private-equity firm Najafi Companies, Borders was not able to find a buyer before its July 17 bidding deadline, and therefore began liquidating its remaining 399 retail outlets on July 22, with the last remaining stores closing their doors on Sunday, September 18, 2011. The Chapter 11 case is ultimately being converted to Chapter 7. Borders.com is still running, but orders are being processed by the larger Barnes & Noble.


Barnes & Noble Email to Borders Customers Rattles Privacy Watchdog

A consumer-privacy watchdog is fuming over a message that Barnes & Noble Inc. executives sent out to millions of former Borders customers who have the next 11 days to decide whether to keep their personal buying history and contact information between them and soon-to-be-ex bookseller.

Consumer-privacy ombudsman Michael St. Patrick Baxter is accusing Barnes & Noble—the grave-dancing bookseller that spent $13.9 million on Borders Group Inc.’s old customer lists—of ignoring important changes in an email that the bookstore sent out to Borders customers last weekend. His editorial tweaks were meant to make it clear that former customers could block the transfer for their contact information and past purchase history to Barnes & Noble.

Borders’s customers have until Oct. 15 to tell Barnes & Noble to leave their name and information off their transfer list.(Reuters OCTOBER 4, 2011)