2013年4月17日水曜日

chillax こんな単語を知ってる?



 chillaxは、メリアム・ウェブスター(オンライン版)によると、chill(冷やす)とrelax(リラックスする)を合成した単語。初出は1999年という。カタカナ読みは「チラックス」。
 chillは、冷やして熱を奪うという意味。仕事のことで頭がいっぱいで熱くなっているのが冷めると、chill out(冷静になる、くつろぐ)。一方、relaxの語源はラテン語で、re-は「離れる」という意味の接頭辞、laxは「緩む」こと。仕事の緊張感から解放されると、ほっとする。そこで、chillaxはrelaxをより強調する言葉といえる。
 英国のテレグラフ(2012年5月19日付)は、“David Cameron: how karaoke and tennis make PM a 'chillaxing champ'”(デービッド・キャメロン首相:いかにしてカラオケとテニスで〝くつろぎのチャンピオン〟になるか)との記事を載せた。近刊の伝記で、キャメロン氏が首相であるプレッシャーから逃れるために、カラオケやテニスをやるほか、日曜日の昼食にはグラスに3、4杯のワインを楽しむ、というストレス解消法を紹介している。自身がインタビューで、“If there was an Olympic gold medal for ‘chillaxing,’”(オリンピックに〝くつろぎ(という競技)の金メダル〟があったら)と語り、“the Prime Minister would win it.”(首相はそれを勝ち取るだろう)と結ぶ。
 “He considers the job of Prime Minister, with its requirements to be on duty seven days a week, to be an enormous privilege.”(彼は、首相の仕事は週に7日の勤務を要求され、大変な特権であると考えている)が、それだけにストレス解消にも並外れた〝力量〟が求められるようだ。
 ところで、chillには「ぞくっとする」など、冷たく感じるというニュアンスがある。ランダムハウス米俗語歴史事典によると、Black English(黒人英語)では1980年代から、chillがcool(クール、涼しい)の 同義語として使われている。chill outも「くつろぐ」の意味で頻繁に登場する。
 ストレス多い社会に生きる皆さん、いかにchillaxするかが工夫のしどころでしょう。