2012年4月12日木曜日

dumb down


Illustrated by Kazuhiro Kawakita


 dumbは、本来は「口がきけない」という形容詞だが、米語では「愚鈍な」「バカな」という意味。これを動詞にしてdownを付けるとdumb down。カタカナ読みで「ダム・ダウン」。文字通りでは「バカでも分かるようにする」だが、必ずしも悪い意味で使われるわけではない。別の言い方はsimplify(単純化する、平易にする)。たとえば、複雑で難しい話題の場合に「分かりやすく説明してよ」と言うのは“Dumb it down for me.”
 dumbの派生語の一つがdummy(バカ)。コンピュータ関連の解説書シリーズ“For Dummies books”(ダミーのための本)はベストセラー。ハイテク用語だらけのマニュアルについて、dumb down the instructions(指示内容を誰にでも分かるように説明する)というのが売り物だ。
 米国の教育、文化、メディアの歴史は、大衆化のための“dumbing down”の歴史でもある。その理由をダム・ダウンすると、「難しいものはダメ」ということ。ヒップ・ホップの世界でさえそうだ。偉大なラッパーのジェイ・Zはいう。“I dumb down for my audience and double my dollars.”(ファンのためにダム・ダウンしたら、おれの稼ぎは倍になる)。「ブルックリンのドヤに生まれ、ガキのころに親父に捨てられ、ドラッグやってムショ暮らし、だがおれにはラップがあったぜ」というわけで、1990年代後半からメキメキ頭角を現し、ブームに乗って一気に頂点に。フォーブス誌によると、2006年の所得は3400万㌦でラッパーのトップ。
 さて、dumb downには、over-simplification(単純化し過ぎ)のマイナス面がつきまとう。たとえば、数学教育において円周率πは3.14159…であるが、dumb downπto be 3(πを3に単純化)すれば、計算は楽にできるだろうが、円周率の本来の意味は理解されないとの批判が出てきた。マスメディアは、大衆受けを狙ってdumb down news for sensationalism(センセーショナリズムのためにニュースを〝面白可笑しく〟する)が、事実が歪曲されて正しく伝えられない危険性がある。インターネット上では、YouTube、MySpace、Wikipedia、そしてブログなど大衆化が一挙に進み、プロや専門家は素人に圧倒され、“the cult of the amateur”(アマチュア信仰)まで各業界に生まれた。だが、“Is the Internet dumbing us down?”(インターネットがわれわれをバカに変えるのか?)との反発があるのも、無視できない。
 そこで登場したのがdumb up。難しくてもいい、文化的、知的レベルを引き上げろ、という意味。“Time to dumb up!”(レベル・アップの時だ)との声が上がる一方、〝改革には痛みをともなう〟と尻込みするのが大勢のようだ。
われわれメディアも、決断の淵に立たされている。“To dumb down or to dumb up, that is the question.”(レベルを下げるべきか、上げるべきか、それが問題だ)
The Sankei Shimbun (May 11 2008)