2009年4月16日木曜日

Acute

 acuteは英和辞書では「急性」とか「緊急」との訳が付けられている。acute pain(急性の痛み)、acute heart failure(急性心不全)、という一方で、acute care(緊急介護)などと使う。
 オックスフォード英語辞書(OED)によると、語源はラテン語のacutus。元は針を意味し、そこからsharp(鋭い)ことをいう。17世紀には、医学関係でfever(発熱)やdisease(疾病)が急性の場合の形容に使われるようになり、今でもその慣習が生きている。その後、他の分野でも使われるようになった。例えばこれから夏場にかけて、acute water shortage(緊急の水不足)やacute power crisis(緊急の電力危機)が心配されるなど環境問題の深刻さを表す場合にもよく出てくる。
 面白いのは、cute(可愛い)という形容詞はacuteのaが脱落したもので、19世紀になって米国の学生の俗語として使われるようになった。“Acting dumb is not cute.”(おバカは可愛くない)などと使う。が、元の語にある「鋭い」とか、転じてshrewd(狡猾な)という意味がなくなったわけではなく、mob(やくざ)が警察に逮捕された場合、“I want some cute lawyer.”(腕利きの弁護士を呼べ)などと使う。